妊娠中の喫煙にはどんな害がある?赤ちゃんへの影響

妊娠前から煙草を吸っていた女性にとって、妊娠の喜びと同時に「禁煙できるかな?」という不安があるでしょう。

そこで、今回は煙草の害と、喫煙が赤ちゃんにどのような影響を与えるのかをいうことに焦点を当てて紹介していきます。

煙草の害について

煙草には4000を超える化学物質が含まれ、その内200種以上が有害物質、50種以上が発がん物質と言われています。よく知られたものとしてニコチンやタール、一酸化炭素、ヒ素、アンモニア、カドミウムなどがありますが、それらによって寿命を縮めたり、肺がんなど多くの病気を引き起こしたり、老化を早めたりします。

また、ニコチンには依存性があり、食後の一服やお酒の席での一服など習慣化することによって、禁煙することを困難にし、止めようとしてもイライラしたり眠れなくなったりします。

妊娠中の喫煙の影響について

煙草は、大人でも大きな影響を与えるものですから、体が小さく未成熟な胎児や赤ちゃんにとってはさらに強い影響があります。

胎児の発育や身体の機能の発達に対する影響

妊娠中の喫煙によって、新生児の低体重と子宮内胎児発育遅延、胎児毒性を引き起こすと考えられます。低体重とは、2500g未満で産まれる赤ちゃんのことを指し、母体の中で成長するべき体の機能が十分に発育されていないために、産まれた後にも合併症や感染症にかかりやすいと言われています。

また、妊娠中の喫煙によって、産まれてからの成長過程の中でも子どもに影響を及ぼすと考えられています。一部の研究によると、妊娠中に喫煙していたお母さんから産まれた子どもは、身長や学力が低くなる傾向があることや、ADHD(多動性障害)が起きやすく、言語発達、認識力などが低下することなどが分かっています。

これは、妊娠中の喫煙により、赤ちゃんへの血流が減って低酸素状態になり、胎児の様々な器官や脳の発達、発育が妨げられてしまうためと考えられています。

胎盤の血管が収縮することによる影響

煙草に含まれるニコチンや一酸化炭素などの有害物質は血管を収縮させる作用があります。これによって妊婦さんの血流が悪くなって胎盤への血流が少なくなり、胎児に酸素が十分に運ばれないという可能性が出てきます。

すると、胎盤の機能が低下して、流産や早産、低出生体重、胎盤の位置の異常、胎盤早期剥離、早すぎる破水などの確率を高める原因となります。煙草の本数が多ければ多いほどリスクは高くなりますが、禁煙できればリスクは格段に減ります。

特に妊娠初期で禁煙できれば、胎児に対する煙草の影響はほとんど心配する必要はありませんので、早期の禁煙を目指しましょう。

受動喫煙の影響について

お母さん自身は喫煙していなくても、家族が煙草を吸っていたり、煙草の煙が充満する部屋にいたりすることで、煙草の害を受ける可能性があります。受動喫煙の場合、自分が煙草を吸う場合の2~3倍のニコチンを吸い込み、副流煙には主流煙に比べて2~50倍の有害物質を含むと言われています。

つまり、受動喫煙であっても、低体重で産まれる赤ちゃんの割合が高くなるなど赤ちゃんへの影響は大きいので、家族にも協力してもらい、出来るだけ受動喫煙しない環境を整えましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする