葉酸不足は本当に怖い!葉酸欠乏症の症状とその原因

葉酸は、妊娠したい女性や妊娠中の女性にとってとても重要な栄養素として知られています。これは、葉酸が胎児の発育を補助する役割を持つからで、最近では、葉酸の積極的な摂取により胎児のダウン症予防にも効果があると期待されています。

しかし、葉酸は、妊娠中の女性だけでなく、妊娠していない女性や男性にもとても大切な栄養素です。今回は葉酸欠乏症による症状とその原因について見ていきましょう。

葉酸欠乏症とは?

葉酸が体内に不足すると「葉酸欠乏症」という病気を発症することがあります。治療方法としては葉酸を摂取するしかないのですが、葉酸が体内から不足したことによって、体に様々な変化が起きます。

悪性貧血が起こる

葉酸は体の細胞の生成に必要な栄養素でビタミン12と同様に造血ビタミンとして知られています。この葉酸が不足すると、鉄分不足による貧血とは違い、「巨赤芽球(きょせきがきゅう)性貧血」という悪性の貧血が起こります。

葉酸不足により、骨髄の中の巨赤芽球(赤血球になる前の未熟な細胞)が大きくなり、血液中の赤血球も肥大化します。骨髄での血を造る能力は上がりますが、赤血球になる前に壊れてしまい、酸素を送り出すことが出来ず、体が酸欠状態となって貧血のような症状が起こります。これにより、立ちくらみやめまい、息切れや頭痛などの症状が現れることがあります。

粘膜が荒れる

葉酸は、体の粘膜を健康に保つ役割を持っています。葉酸が不足することによって、細胞が正常に作り出されず、粘膜も不健康な状態になってしまい、荒れたり傷ついたりしても修復されません。そのため、口内炎や胃潰瘍などの症状が起こる可能性があります。

胎児の先天性疾患の危険性が高まる

妊娠初期の女性が葉酸欠乏症になると、細胞分裂を手助けする葉酸が不足してしまうので、胎児の細胞分裂が正しく行われなくなります。すると、胎児が正常に発育できず、神経管閉鎖障害という神経管の発育不全になる危険性が高まると言われています。

葉酸が不足する原因

葉酸が不足する原因として最も考えられるのは、葉酸が含まれる食品を摂っていないということです。厚生労働省によると、葉酸の摂取推奨量は、通常の男女で1日240㎍、妊娠中の女性で440㎍、授乳中のママさんで340㎍となっています。

葉酸は、野菜を始め果物や魚介類など、多くの食材に含まれますが、水溶性で熱に弱いという性質を持っていますので、調理によって壊れやすく、十分な量を食事だけで摂取できていない場合があります。

また、妊娠中や授乳中の女性は、赤ちゃんへの供給のため多くの葉酸を必要としますので、ママに残る葉酸が少なく、葉酸欠乏症になってしまうことがあります。また、アルコールが葉酸不足を引き起こす場合があります。アルコールの成分が葉酸の体内への吸収を阻害してしまうのです。

葉酸不足についてのまとめ

葉酸はきちんと摂取しなくても赤ちゃんは無事に生まれてくる事が多いです。しかし、将来生まれてくる子供のリスクを少しでも取り除く事が出来るので、妊婦さんはなるべく決まった量を摂取するように心掛けましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする