妊娠中毒症とは?母体や胎児への影響について

妊娠している人は、妊娠中毒症について一度は耳にした事があると思います。この病気は正式には妊娠高血圧症候群と呼ばれており、出産に関して大きな悪影響を及ぼす事があります。

そこで、妊娠中毒症について正しい知識を持って発症を防ぐ事がだいじになります。ママさん自身の体や、赤ちゃんへの影響も考えて、妊娠中毒症について詳しく知って対策をしましょう。

妊娠中毒症の原因とは?

妊娠中毒症はママさんの20人に1人が発症すると言われています。残念ながら妊娠中毒症の原因については、今のところはっきりした根拠は見つかっていません。胎盤の血管が普通とは違った作られ方をしてしまうのが原因ではないか?というのが今かんがえられている有力な説です。

その他に、妊娠中毒症になりやすい人の傾向として、初産の方、高齢の方、肥満気味の方、高血圧症状のある方などが挙げられます。

また、血のつながりのある方が高血圧や妊娠中毒症を伴った事がある場合は、妊娠中毒症になりやすいという遺伝による可能性も考えられています。

ママと胎児への影響について

妊娠中毒症は妊娠中期から後期にかけて発症しやすいといわれています。しかし、この妊娠中毒症は早期に発症してしまった場合、他の何らかの病気がある可能性があります。

具体的な病名としては、肺水腫・HELLP症候群・脳出血などが疑われます。

また赤ちゃんも妊娠中毒症の影響を受けてしまうので注意が必要です。

胎児への影響として低出生体重児・胎児発育不全などが挙げられます。症状がひどく、赤ちゃんへの十分な酸素が行き届かないことがあると、子宮内胎児死亡の危険性もあります。

妊娠中毒症を予防するには?

妊娠中毒症の主な原因は塩分の摂りすぎや、急激な体重の増加によっておこると考えられています。予防方法としては、栄養バランスの良い食生活を送るという事が一番です。

妊娠高血圧症候群と呼ばれる通り、高血圧を予防する食生活を意識すると良いでしょう。油ものを控えたり、塩分の量に気をつけるなどの基本的な食生活の見直しが大事になります。

妊娠中毒症を根本的に治す薬は存在しないため、病院にかかった場合の治療方法も主に食事療法がメインです。

妊娠中毒症についてのまとめ

妊婦さんはホルモンの影響で、味覚が変化してしまいます。そのためうす味や、野菜などが食べにくいといったことが起こり、油ものや味の濃いものばかりの食生活を送ってしまう事があります。

これらをすべて禁止する必要はありませんが、将来うまれてくる赤ちゃんのためにも、妊娠中毒症については十分に対策をしましょうね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする