妊娠中のアルコール摂取はなぜいけない?飲酒が胎児に与える影響とは

妊娠すると「飲酒はいけない」と周りに止められるようになりますが、なぜいけないのでしょうか。お酒好きのママさんにとっては、妊娠期間中だけとは言え、禁酒をすることは辛いことですよね。しかし、妊娠中のアルコール摂取は、リスクを伴います。

今回は、妊婦さんの飲酒が胎児に与える影響に焦点を当てて紹介していきます。

妊娠中のアルコール摂取

妊娠中のアルコール摂取については、諸説あります。産婦人科の先生によっては少量のアルコールはリラックス効果をもたらすため、むしろ推奨している人もいるぐらいです。

しかし、自己判断で飲むことは思わぬリスクを生むことにもつながりかねません。

リスク1.ホルモンバランスの変化による酔い方の変化

厚生労働省も妊娠期間中のアルコール摂取を控えるようにと発表を出していますが、妊娠中は、ホルモンバランスが変化しているため、いつもよりも酔いやすくなることがあります。

普段からよくお酒を飲んでいた人でも、妊娠すると体質が変わり、「これぐらいなら大丈夫」という安易な気持ちで飲酒をすると、立ち上がった際に足元がふらつき転倒するといった事例も少なくありません。

転倒を防ぐためにも、妊娠中の飲酒は控えることが大切です。

リスク2.赤ちゃんへの影響

妊娠中にアルコールを体内に取り入れることによって、胎盤を通じて赤ちゃんに届けてしまうことにつながります。胎盤は、お母さんと赤ちゃんの間にあるフィルターの役目を持ちますが、アルコールは有害物として判断されず、そのまま通過してしまいます。

また、妊娠中の飲酒によって赤ちゃんを奇形にしたり、未発達児や未熟児、あるいは健康を損なった状態で産まれてくるリスクを高めたりすると言われています。

胎児性アルコール症候群について

胎児性アルコール症候群(FAS)とは、アルコールの影響によって胎児の身体の発育が遅れたり、脳の発育が不十分で言語や学習に障害を持って産まれたりするなどの症状を言います。

多くは妊娠中の女性が習慣的にアルコールを摂取した場合に起こり、アルコールを少量飲むことで胎児性アルコール症候群を引き起こすとは考えづらいですが、母親の体質によっても異なります。胎児性アルコール症候群を患った赤ちゃんは、頭の大きさが通常よりも小さかったり、産後の入院や通院を余儀なくされるほど未熟で産まれたり障害を持って産まれたりするそうです。

妊娠期間中に、妊婦がどれだけの量をどれだけの期間飲み続けたかによって疾患の重さが変わってくると言われていますので、妊娠が分かったらお酒を控えるようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする